2010年05月28日

種牛感染に懸念=口蹄疫で農水相らと協議―首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は22日午後、首相公邸で、宮崎県で家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫が拡大している問題について、平野博文官房長官、赤松広隆農林水産相らと協議した。この中で、首相は特例的に避難させていた「宮崎牛」ブランドの種牛1頭から感染の疑いが出たことについて懸念を示した。
 会談では、赤松農水相のほか、政府の現地対策本部に常駐する小川勝也首相補佐官が、同日始まった家畜へのワクチン接種や感染の状況など現状を報告。首相は「スピード感が大事だ。地元と協力してしっかりと進めてほしい」と述べ、感染拡大防止に向け迅速な対応を指示した。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
ワクチン接種を開始=最上位の種牛が感染
哨戒艦事件で閣僚と協議=日米韓連携を確認
避難中の種牛1頭に感染疑い=「宮崎牛」ブランドの危機
口蹄疫のワクチン接種方針「変えない」=首相

雑記帳 田植え選手権 187人が正確さ競う 岩手・奥州(毎日新聞)
亀田興毅さんの車接触される=運転中、けが人なし―東京(時事通信)
埋却地提供「できる限り協力」=口蹄疫で、基地周辺用地―防衛省(時事通信)
「夢が…」宝くじ販売停止判定でファン悲しむ(産経新聞)
たちあがれ、片山虎之助氏らの公認発表(産経新聞)
posted by カシワ トオル at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。